ECナビカードプラス + イオンカードセレクト

ここで紹介する組み合わせは、WAONポイントを効率よく貯めるためのものです。WAONといえばイオンですね。ということで、一枚目はキャッシュカードとクレジットカード、そしてWAONが一体となったイオンカードセレクトです。
2枚目は、あまり知名度は高くないECナビカードプラス。 まさに「もっと評価されるべき」という位置づけのクレジットカードであり、秘めているポテンシャルは非常に高いと言えるでしょう。 ということで、早速、この組み合わせで貯まるWAONポイントについて触れていきたいと思います。

汎用性の高さを利用した組み合わせ

ECナビカードの汎用性の高さは、正直なところ、あまり知られていません。 ポイント還元率も、そこそこなので、悪くもありません。 要は、無難に何でもこなす「器用貧乏」なクレジットカードといったところでしょうか。 したがって、どのクレジットカードとも相性よく組み合わせることができます。

ただし、本カードで貯めることができるポイントは「ECナビポイント」というポイント。 実は、こちらは汎用性が非常に低いです。
では、なぜ勧めるのか?
それはPeXポイントと呼ばれるポイントに等価交換できるからです。 このPeXポイントは非常に汎用性が高いため、ECナビカードも汎用性の高いカードになっているわけです。 要は、PeXありきのカードということです。

イオンカードセレクトではWAONポイントへ

相棒となるイオンカードセレクトは、単純にWAONポイントを貯めることになります。 全国のイオンやマックスバリュなどでWAONを積極的に利用してポイントを貯めつつ、200円ごとに1WAONポイントがもらえるオートチャージを利用して、さらにポイントを貯めます。 通常のイオンカードにはオートチャージ機能が付いていないため、このような貯め方ができません。 したがって、積極的に利用し「お得感」を得たいところですね。

ECナビカードプラスをメインで扱う

メインとなるECナビカードプラスは非常に汎用性の高いクレジットカードとなっているため、使い道で困ることはあまりないと言えるでしょう。 ただし、忘れてはならないのが、ネットショッピングを行う場合は、必ずECナビの公式サイトを経由して購入することです。当然、ポイントを貯めるためであり、イオンカードセレクトが苦手分野としている部分をカバーするためでもあります。 もちろんイオン系列以外で支払う場合も、こちらのカードを利用します。
基本的なポイントの貯め方ではありますが、還元率が1.1倍となっているため、それなりのスピードでポイントが貯まっていきます。
それをWAONポイントに交換して現金の節約を図るわけですね。