ライフカード + 楽天カード

ここで紹介する組み合わせは、ライフカードと楽天カード。 どちらも知名度が抜群のクレジットカードとなっており、くわえて、この2枚の相性もよいと評価されています。 しかし、本当に相性がよいのか?ということで、以下よりお話をしていきたいと思います。 正直なところ、物凄く相性がよいというわけではありませんので、既に利用している方で、いまいちと感じている方は再考する必要があるかもしれませんね。

ライフカードと楽天カードの場合はどちらがメイン?

ここでは、ライフカードをメインカードに推したいところです。 理由は、それだけライフカードのポイントプログラムが優秀だからです。 優秀さは、さまざまなところで説明されているので、そちらを参考にしてください。

ただ伝えたいとことは、メインカードとして利用する以上、とにかく「これでもか」というぐらい徹底的に利用することが大前提です。 ライフカードの利用金額の目標は年間50万円以上で、理想は年間150万円以上利用することです。 年間の利用金額が50万円を超えると、次年度のポイントの貯まり方が通常の1.5倍(スペシャルステージ)となり、150万円を超えると、2倍(プレミアムステージ)となります。 そうして貯まったポイントを楽天スーパーポイントに交換するという流れです。 年間50万円以上の利用という目標がクリアできないのであれば、素直に楽天カードをメインにした方が効率的にポイントを貯めることができます。

楽天カードはサブカード

楽天カードはサブカードとして、ここぞという場面で利用しましょう。 例えば、楽天ショッピングの特典で多くのポイントを貰えるようなときです。

通常時はL-Mallを経由して楽天市場を利用したほうが効率よくポイントを貯めることができます。

ライフカードをメインにして楽天ポイントを利用

ライフカードのポイントプログラムである「LIFEサンクスプレゼント」の最大の特徴は、ポイントの有効期限が最大5年間まで延長できることです。(2年目以降はポイントの繰越手続きが必要のためご注意ください!) もちろん無期限のポイントプログラムと比べると見劣りしてしまいますが、楽天スーパーポイントは有効期限が1年間のため、大きなアドバンテージとなると言えます。 5年の月日をかけて地道にポイントを貯めて、ここぞというときに楽天スーパーポイントに交換すればいいということです。
あくまでも1つの使い方ですが、この2枚の組み合わせの相性は、扱い方によって相性はよくなるといえるでしょう。